結婚式のビデオは、種類やシーンごとに演出方法が異なります。挙式や披露宴で使われるVTRについて、演出方法やそれぞれの使い方、種類をご紹介します。

結婚式ビデオの種類と演出方法

  • プロフィールビデオ
    …新郎新婦の生い立ちから、二人が出会いなれそめまでを撮った自己紹介ビデオ。お互いの家族や友人たちに、自分が選んだ伴侶について知ってもらうのに適しています。いままで撮った写真だけで、自分でオリジナルを作ることも可能です。
  • エンドロール
    …出席してくれたゲストも入れて、披露宴で映画風に編集すれば皆で楽しめるビデオになります。後で全員に贈ることもできおススメです。二次会用にも使えるので便利です。
  • オープニングビデオ
    …披露宴や二次会を盛り上げるのに効果的なオープニングビデオ。ビデオに使うBGMは明るいポップなノリの良い曲を選ぶと成功度高いかも。面白く仕上げたり、カッコよく仕上げたいなどの希望があったら、編集する業者とよく事前に相談して作ってもらいましょう。
  • 挙式や披露宴の撮影ビデオ
    …お祝いのイベントだから、挙式や披露宴の様子を全部撮影しておくと、いろいろな編集に使えます。また、一部始終を撮影することで面白い映像や友人・知人の失敗を見ることができるから、緊張して自分たちのことで精一杯な新郎新婦が後で見て挙式や披露宴の進行などを確認できます。
  • 両親へのビデオメッセージ
    …お世話になった両親へ手紙を読むのは緊張するという人は、メッセージビデオで気持ちを伝えましょう。摂り直しが出来るので、緊張しやすい人や飲みすぎる可能性がある人は作っておきましょう。

 

技術力で選ぶ結婚式ビデオ業者ランキング