決して主役ではないけれど、結婚式で使う音楽ってとても大切なのです。バックミュージックですが、それぞれのシーンを引き立てて、雰囲気を盛り上げる効果があるのですから。

間違った選曲はマイナスイメージにつながるので、特に注意を払って。二人で思い出の曲をチョイスするのも良いですが、出席していただく方々の年齢層に合わせた選曲も大事なのです。

進行役の幹事さんや手伝ってくれるスタッフの人たちにも意見を聞いて決めると、失敗が少ないですよ。

シーンごとのベストな結婚式BGM

結婚式と言っても、シーンごとに意味が違います。そのシーンにあわせた選曲をしましょう。

  • 招待客を迎える
    …祝って頂くゲストを迎えるための選曲は落ち着いたものを。定番は厳かなイメージをかもし出すクラッシクで。身内や友人が多いなら、ムードがあるゆったりとした音楽をかけてリラックスしてもらいましょう。
  • 入場
    …新郎新婦が入ってくる注目の瞬間です。品格があるなかにもインパクトがあるクラッシック系や華やかな雰囲気をかもし出す人気アーティストの音楽をアレンジするのもおススメです。彼と二人で好きな曲を選ぶのも良いですが、なるべく出席者の年齢層なども考慮して選ぶと良いでしょう。
  • 披露宴
    …全体的にラブソングや軽快なポップ系の音楽をかけると会場が盛り上がりやすいです。二人の好きな曲や思い出の曲をかけてみたり、人気アーティストの音楽を使ってみるもの良いです。
  • ケーキ入刀
    …是非とも盛り上げたい瞬間ですから、明るくてノリが良い曲や二人の甘い生活をイメージさせるラブソングを選んでみて。二人で意気投合できる好きな曲をかければ思い出にも残りやすいですよ。
  • 余興
    …披露宴で歌うなら、明るくて元気の良い曲や祝福する歌詞が含まれている音楽が良いですね。間違っても暗い歌や別れをイメージさせるものは避けましょう。思ってもみなかったアクシデントはつきものですから、幹事さんともよく打ち合わせをしておくとベストです。披露宴ではアルコールも出るので、間違っても飲みすぎて酔っ払いながら歌わないように気をつけましょうね(苦笑)。
  • お色直し
    …披露宴も中盤にかかると、皆アルコールも入っておしゃべりも多くなりがち。いままでの甘いムードがある音楽ではなく、明るくポップな音楽をかけて気分一新。キャンドルサービスで皆の席を回るなら、華やかで心に残る歌詞が歌われているとグッときます。
  • 花束贈呈・両親への手紙
    …自分を一生懸命育ててくれた両親に感謝の気持ちを伝える瞬間ですから、ゆったりとした中にもメッセージ性の強い選曲を。一般的には美しい歌声の女性アーティストの曲をかけるカップルが多いですね。花束贈呈では音色の綺麗なピアノ演奏や皆が一度は耳にしたことがあるラブソング系がおススメです。
  • 退場
    …甘いムードをイメージさせる華やかさがあるバラード系や、気持ちを切り替えるような爽やかな音楽を選ぶのが一般的。二人でよく話しあって好きな曲を選んでみてくださいね。

 

音楽と共に使いたい結婚式ビデオ業者ランキング