「自分たちが用意した費用で結婚式をまかないたい」と思っている若いカップルのほとんどが、少ない結婚資金の中でやりくりしているみたいですね。予算がないからとビデオ撮影をあきらめてしまいがちだけど、ビデオに撮っておけば生まれた子供が大きくなった時に見せることもできるのです。

未来の子供のために挙式映像を

私の会社の20代前半の若い後輩F君も「予算はないけど、子供に自分たちの結婚式を見せたいから」と、新婚旅行は後回しにして(いつでも行けるから)、身内と親しい友人を招いての結婚式を開きその様子を業者に依頼して撮ってもらいました。

お嫁さんの希望もあって、他にオプションもつけたかったのですが、本当に余裕がないからベーシックプランを選択。正直、それほど仕上がりに期待していなかったとのこと。

でも、撮影や撮影を担当した業者の配慮も上手で、新郎新婦に話かけたりして二人の自然な幸せ一杯の笑顔を引き出して撮ってくれ、仕上がりにも大満足の後輩。早速同じ職場の私たちも、後輩の自宅に押しかけビデオを拝見しその出来具合に感動したのです!

職場ではいつも真面目な顔をして仕事をしている後輩ですが、別人のような晴れやかな笑顔で眩しいくらいでした。撮る人によってこんなに違いがあるのですね~。それに撮影のカットや編集の仕方も上手くって、「これだったら子供にも自慢できるよ。」と、つい言ってしまうくらいの出来映えでした。

もちろん、DVDにして両親や親しい友人へ感謝の言葉を添えて送ったF君。よほど嬉しかったのでしょうね「子供ができたら、皆で見るんだ」と言っていたくらいですから。